2011年10月28日

約10年前に作った物

こんにちは。

10年ほど前に作った物があります。

それは、「ワンワン貯金箱」
P1110426.JPG

主人が、らんの妹を欲しがっていたので、作りました。

結構、貯まったのですが、私がこっそり、家計がピンチの時に使っていたので顔(イヒヒ)

らんの妹を飼いたいと思っていたのは、らんが健在の頃からの夢です。

でも、らんのブログを始め、
迷子や、保健所で亡くなっていくたくさんの命がある事、
そして、今年は、震災で離ればなれになった悲しい運命の子など、
悲しい辛い現実を知ることになりました。

だから、ペットショップでは、買いたくないと思いました。

でも、やっぱり、ペットショップから迎える事になるかもしれません。
それが、自分的にも許せない。

でも、我が家は、義父と私は、家の中では、飼うことが否定的。
ボランティアからの受け入れは、家の中で飼うことが条件が多い。
それに、主人は、やっぱり子犬から育てたいと言う。

心の葛藤があります。

もし、ペットショップから買うことになっても、許してください。
責任もって、らんの様に、最後まで面倒をみます。
それは、約束できます。

らんにも誓います。

なんだか、何を書きたいのか、判らなくなってしまいました。
なんか変ですね、私。
今日は、この辺で。



ニックネーム らん at 21:49| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感傷の秋ですかね。
 
あまり動物愛護の精神にはまり込むと自分自身が苦しくなってしまうので、私自身はそこそこに。

ただ、阪神大震災そして東日本大震災の義援金は正直、人間様よりペット達への方に桁違いに奮発しました。

ペットショップにいる子が幸せになる保証はありません。飼い主を選べないのだから・・。

どういう迎え方をしても精一杯幸せにしてあげて、そして幸せをいただきましょう。
Posted by runrun_k at 2011年10月30日 12:20
どんなご縁でも、大切に育てるかどうかが
一番大切なことですよね。

いったん、家族になれば
特別なたった一匹の我が子になります。

らんちゃんが、きっとそんなご縁を
運んでくれますよ。
Posted by emihana at 2011年10月30日 17:05
★runrun_kさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。思いつめるほどハマってしまっては、自分が壊れそうです。
動物に対する愛だけは、持ち続けようと思います。
そうすれば、きっと愛を返してくれる存在になりますものね。
震災からの復興、なかなか進みませんね。
被災した犬猫たちについても、ずっと気になっています。
早く、みなさんに、普通の生活が戻ってきますように。
Posted by らんママ at 2011年10月30日 21:11
★emihanaさんへ
そうですね。
巡り合った子を最後まで、一緒に暮らしていく事が、一番大事だと言うことを
らんと暮らし、ブログを始めて教えられたことです。
らんは、私にとっていろんな事を教えてくれました。
ありがとう。
Posted by らんママ at 2011年10月30日 21:14
うちのるいはペットショップ、さくらは避難犬ですがどちらもかけがえのない命です。
runrunさんのコメントのとおりペットショップだから幸せになる保証はなく、飼い主の都合で動物愛護センターに出されたり、売れ残ったペットの行く末などいろいろな問題があります。

なので、どこからわんちゃんを迎えようと、らんちゃんのように精一杯幸せにしてあげることが最も大切なことだと思いますよ。

追伸
今日は、1988 CAFE SHOZO に行ってらんちゃんのフォトブックを見てきました。かわいかったよ〜☆ カフェの中なのでデジイチは持って行きずらかったのでケータイですがフォトブックの中の写真を撮らせていただきました。ものぐさなのでUPするブログがたまってるので、今日の様子はもう少し待っててね。

Posted by るいママ at 2011年10月30日 21:29
★るいママへ
コメントありがとうございます。
そうですよね。
結局、放棄してしまったり、
虐待をうけ、悲しい運命をたどる子もいますね。
るいくんもさくらちゃんも、毎日とっても幸せそうな姿。こちらも、楽しくなります。
らんのフォトアルバム、見に行って下さったんですね。ありがとうございました。
らんも喜んでると思います。
何度も、見ると涙が出ちゃって。
Posted by らんママ at 2011年10月30日 22:28