2011年07月05日

らんの番犬の思い出《1》

こんにちは。

前回のコメントのお返事、もう少しお待ちください。

昨日今日と、暑さにやられて、夜になるとクタクタ。

皆さんは、バテてませんか?

さて、らんの誕生日まで後10日になりました。
このブログとも、その辺りで終わりにしようと思ってますから、
それまで、らんの事を思い残さないよう、書かねば!と、思ってます。

今日は、らんの「番犬」ぶりを話します。

らんが来た頃、主人の実家はお店をやってました。
お店の裏に、らんの小屋があり、小さい頃から、番犬をしてました。

主人の母が亡くなり、同居をする為、
(らんが居るから同居を決めた主人です。らん黒ハートlove)
お店をたたみ、建て直しをすることになった時、
半年くらいでしょうか、らんは、山梨県の義母の兄弟の家にお世話になり事になりました。

山梨の家まで連れて行ったのは、義父でした。
車に慣れてないらんは、車の中で、鳴き喚き、オシッコなどして大変だったそうです。

山梨の家族にも、なかなか懐かなくて、ご飯係のおばさんは、らんを怖がってました。

一度、様子を見に、主人と行った時は、少しでも離れると「ワンワン」呼んでました。
帰り際も、「置いてかないで〜」と言うような、叫び声をあげていたのを思い出します。

そんな居候をしていたらんですが、
ある晩、そこの息子が、蚊取り線香を焚いたまま寝てしまい、
それが何かの拍子に倒れて、火が出たのをらんが吠えて、みんなを起し、
ボヤで済んだと言うお手柄話です。

それから、親戚の間では、らんは「賢い」と評判になりました。
親戚が集まると、必ずと言っていいほどする話です。


まだ、らんの番犬話があるので、それは次回。

a2002らん.jpg

a200212らん.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村



ニックネーム らん at 23:14| Comment(6) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご親戚に預けられて、不安でいっぱいだったんでしょうね。
らんママさんたちに、「置いていかないで〜」って一生懸命訴えて。
切なくなりますよね〜。
そんな寂しい時にも、ちゃんと火事を教えて
本当にお手柄でした。

らんちゃんは、やっぱりおりこうさんですね。
えらかったね♪
Posted by emihana at 2011年07月05日 23:52
らんちゃんの思い出日記、楽しませて貰ってますわーい(嬉しい顔)
若い頃も可愛かったらんちゃん黒ハート
そっか〜あと10日でお誕生日。
その日は、お空のらんちゃんにおめでとうって言いましょうねっ。
Posted by ともぞ〜 at 2011年07月06日 08:55
お誕生日もうすぐね♪
おめでとう!だよね(^-^)ママさんのブログが終わるのは淋しいけど、たくさんらんちゃんのお話し聞かせてくださいね。
番犬らんちゃん、やっぱりカッコいいワンコだったんだね♪
Posted by こむmama at 2011年07月07日 15:10
★emihanaさんへ
柴犬って、ちょっと怖がりなところがありませんか?
それが、番犬向きなのかな〜って、思いました。
車を出すとき、らんの切ない鳴き声が、ずっと聞こえているようで、あの時は、胸が痛くなりました。
主人とその親戚の家に行ったのは、後にも先にもそれっきり。
主人が、どんだけ、らんが好きだったか判ります(笑)

Posted by らんママ at 2011年07月07日 18:16
★ともぞ〜さんへ
読んでくれてありがとう。
もちろん、誕生日は、「おめでとう」で、祝ってあげたいです。
霊園に預けた時、年齢を書く欄に、「17」って、書いちゃいました。
一ヶ月足らないけど、ご褒美だよねって。
係りの人も「目安ですから」って言ってくれました。

Posted by らんママ at 2011年07月07日 18:21
★こむmamaへ
らんのブログだから、ちょっと寂しいけど、
主役がいないのに、続けるのはおかしいしね。
これは、これで終わりにします。
らんは、14歳頃まで、立派な番犬を務めてくれました。
「らんが居るから」という、なんだか分からない安心感があったな〜
Posted by らんママ at 2011年07月07日 18:23